2009/12/24

癒しランチ

共同通信本社が入る汐留メディアタワーは、上層階が「パークホテル東京」になっています。そこのメインダイニング「タテルヨシノ」は汐留OLの羨望の的。
もちろん気軽にお出かけできるお値段ではなく、ランチタイムに行くには少し時間も足りないのでたまの贅沢ですが、疲れた心にこの優雅な雰囲気は効く!
先日、送別会も兼ねて予約したランチ。
プリフィクスのコースをオーダーします。(¥3,675 サ税10%)
アミューズと自家製バゲットのあとはスープ。玉ねぎを使ったコクのあるポタージュがやさしい。そしてメイン。サーモン、的鯛、ハタ、牛ランプ、仔鴨胸肉、仔羊のメインの中から、私はサーモンをチョイス。シェフのスペシャリテであるという、軽く燻されたサーモンのミキュイは絶妙なレア加減。白いお皿に鎮座したビビッドなサーモンピンクに、エンドウの鮮やかなグリーンソースが対比されてとってもキレイ。脂ののったサーモンはボリュームもあり、とても美味しかったheart02
デセールも本格的なもの。趣向を凝らした特製ティラミス、シェフの故郷喜界島の黒糖を使用したクイニーアマンなどから選ぶことが出来ます。見た目も美しく満足の一皿。
小菓子にコーヒー紅茶を頂く頃には、急いでも1時間強は経過。優雅に浜離宮の景色に見とれている暇は無く帰還。。
とても美味しくてサービスも気持ちよく、レベルの高いお店。吉野シェフが修行したフランスの「ステラマリス」も仏版ミシュランで一つ星のレストランですが、タテルヨシノもミシュラン東京で一つ星を獲得しています。お隣のホテルコンラッドに在る「ゴードン・ラムゼイ」も星獲得店ですが、あちらよりもお味は数段上だと思いました。また行きたいな~
午後の活力となるのか、それとも午後は無力となるのか、癒しのランチは強力な作用をもたらすこと間違いなしです。トリップするランチでした。

タテルヨシノ
港区東新橋1-7-1 パークホテル東京25F
03-6252-1155
http://www.tateruyoshino.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/24

鮨はいいよな

名店の誉れ高い銀座の新進気鋭鮨店、「青空」へ初訪問heart02
暖簾をくぐると、雑然としたビルの入り口からは想像もつかない静かな空間。入口からカウンター席が見えないよう配慮がなされています。ちょっとしたスペースに置かれたつくばい、活けられた桜の枝など、明るい和の佇まいに落ち着きます。
「握りのおまかせ、シャリ少なめ」をお願いしたら、あとはめくるめく2時間。
眞子鰈からはじまり、ねっとりしたアオリイカ、新鮮な鮪赤身from福岡、とろける中トロ、おぼろを仕込まれた大振りの甘い車海老、ジューシーなコハダ、さっぱりした肉厚の鯵、コリコリで甘い赤貝from宮城、バフンウニとムラサキウニの食べ比べ、柔らかな煮穴子…20貫ほど、どれもとても美味しい握りでした。
そして楽しみにしていた〆の玉子は、白身や海老すり身でふわとろのカステラ状に焼かれた逸品。あと、かんぴょう細巻が唸る程美味しく、びっくりでした。
ネタの新鮮さや酢の具合が程好いシャリもさることながら、特筆すべきはその見た目の美しさ。丁寧に最大限の仕事を施され、最後にムラサキを一塗りされたネタは、一瞬で飲み下してしまうのが惜しいくらい。
大将のキレイな手と立ち姿も印象に残りました。白木のカウンター、ぱりっとした暖簾と同様、清潔で上品な店のイメージそのものといったところ。
あぁ良い夜だったなあと思い返して幸せになれてしまう素敵なお店でした。

青空 (はるたか)
中央区銀座8-5-8 かわばたビル3F
03-3573-1144
日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

ザ・新橋ランチ

かの食通、池波正太郎先生もご贔屓だったというお店でランチ。新橋オヤジビル(新橋駅前ビル)2Fにある台湾料理屋「ビーフン東」です。
ランチ時には、近隣のオフィスビルからわらわらと湧いてきたサラリーマンとOLが列を作ります。
メニューは焼ビーフン、スープビーフンの二種。具も選べて、並(豚と野菜)・五目・蟹玉の三種があります。並の普通盛りなら550円と破格のお値段。他に、竹皮につつまれたバーツァン(ちまき)も人気。小盛りのビーフン+半ちまきを頼むのが女子の定番。
非常にシンプルな米粉の塩味ビーフンに、白菜やもやしなどが入った庶民派の並がお気に入り。テーブルに置かれたにんにく醤油を少したらしていただきます。
店内はカウンターとテーブルで食堂の趣ですが、実は裏に個室のお座敷があります。あそこが文豪の間だなshine
長い歴史のあるこの超人気店、近く閉店との噂が流れています。ほんとうかな・・

restaurant同じフロアにある稲庭うどんの付け麺やさん「七蔵」もよく行きます。ここも行列の人気店。付け麺のたれが秘伝だそうで、味噌やだしや薬味の味、隠し味の生クリームが利いていて美味しい♪

ビーフン東 (アズマ)
港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館2F
03-3571-6078
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/14143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/22

大好物

チーズ大好きな私が愛して止まないお店が、銀座にあります。
"quale"というカジュアルイタリアン。
シネパトスの裏手の、そろそろ再開発が心配な古いビルの地下、お世辞にもキレイとは言えないお店ですが、平日休日問わずいつも満席の大人気店。
お目当てはここのクリームチーズフォンデュ。
白ワインが濃厚に香るしつこいチーズフォンデュとは違って、ベシャメルソースのチーズ味と表現した方が近いくらいあっさりとしたソースに、バゲットをからめていただきます。ブルーチーズの塩辛さが効いているこのソースが本当に美味しい!手が止まりません。このメニュー、女子はイチコロ間違いなし。そして、1050円と破格の安さなのも素敵。
パスタも、ぱりぱりの薄生地ピザも、ちょっと変わった焼リゾットなどもおいしい。サラダなどのサイドメニューも充実。
ちなみに、チーズフォンデュと一緒に冷たいビールや白ワインを飲むと胃でチーズが固まるなんて話を聞いたことがありますが、胃には胃酸がありますので大丈夫なのです☆きりっと冷えた辛めの白ワインに合う~♪

TAVERNA quale (クアーレ)
中央区銀座5-10-1 プリンスビルB1
03-3574-1576
http://r.gnavi.co.jp/g127306/
恵比寿にも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/02/17

職人

念願だった天ぷら『近藤』へお邪魔してきました。
近藤さんが黙々と天ぷら鍋に向かう姿を眺め、あげたてを手ずから運んできてもらえるカウンターは特等席。近藤さんは、少しぶっきらぼうで職人気質なおじさまでした。
藤のコース10,500円をオーダー。値上がりしたようです。
はじめは海老2尾から。直前までいきていた新鮮な海老。からっと素揚げした頭と足も香ばしい。
アスパラ、椎茸、小玉葱、茄子、鱚、白魚の大葉巻、穴子、など、熱々のほくほくが次々と。衣が薄く油切れが良いのでたくさん食べられます。
最後に、単品でお願いしていた名物の薩摩芋が。7cmカットの大物。
Imo
30分もじっくりと低音で火を入れられたおいもは、ほっこりしてとっても甘い!千葉の大栄町のお芋だそう。三越のお芋専門店"CHAIMON"でも扱われている「愛娘」というブランドのものかな??揚げただけなのにスイーツみたいに甘いのは見事。黄色が鮮やかで胴回りが太いお芋でした。厳選された素材を活かした、手を加え過ぎない上質だと思います。
ご飯ものは、海老や小柱のかき揚げを天丼に。大満足のコースでした。
ご常連の舌の肥えた著名人から、一見さんの私のようなミーハーOLまで、大人気の2ツ星獲得店。もちろん全席禁煙。
Noren
池波先生の書が染め抜かれた暖簾。もっとパリッとしていたら良い写真だったな~

天ぷら 近藤
中央区銀座5-5-13 坂口ビル9F
03-5568-0923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/22

季節を感じる大人の美食

初来訪、銀座『うかい亭』。
石造りのエントランスを入り重厚でつやつやした木の天井と梁がめぐらされた店内へ。あちこちに博物館さながらの美術品が置かれている、華やかでレトロな内装です。
さて、ぴかぴかに磨かれた鉄板を前にしたカウンターのお席。
秋の味覚コースをお願いしました。その名の通り前菜から松茸や銀杏などを使用した秋いっぱいの品々。
感動したのが、山栗のクリームスープ。丹波の大粒の栗を使用したという逸品は、お砂糖を一切加えていないのにスイーツみたいに甘くてとろとろで美味でした。
それから鮑の岩塩蒸しがまた絶品。シンプルなバターと塩の味付けに、今までの鮑へのイメージを恥じるくらいの柔らかさ。一緒に供されたワカメ、一手間加えた肝が磯の香りを増幅。また一つ高級食材を好きになってしまいました。
メインのお肉が霞んでしまうくらい、どれもとても美味しかった!お席を移動してからの、クレームブリュレを代表とするご自慢のドルチェも◎。カフェのためだけに来たいくらい。
シェフやサービスの方もとても感じが良く、記念にしたい日の締めくくりにふさわしい、素敵なレストランでした。

今までも行こうと思えば行けたけれど、相応の年齢にならないと許されないような敷居の高さを感じていました。。おめかしをして、自分たちのお財布で、緊張することもなく楽しめるようになるにはやはりこのくらいの落ち着きが必要だったなぁと思いました。舌も肥えてるしね。
また、大切にしたい日に訪問するために取っておこうーshine

銀座 うかい亭
中央区銀座5-15-8 時事通信ビル1階
03-3544-5252
http://www.ukai.co.jp/ginza/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/15

コラーゲンでほくほく

お鍋が美味しい季節になりました。
会社の子とランチによく行くのが、銀座のはずれにあるもつ鍋やさん「ほんじん」です。
耐震強度にかなり不安がある木造三階建のお座敷。もつ鍋の暖を求めて男女問わず行列が出来ます。
Honjin_2 (WEBより)
もつ鍋とご飯の定食は1,100円。しおorしょうゆ味。キャベツ、ニラ、もつ、豆腐、ちゃんぽんが入ったお鍋はなかなかのボリュームがあります。ダシがよく効いていて味も濃すぎずとても美味しい♪ ほかに、丸腸のお鍋定食もあります。女の子には脂が重たく感じるくらいごろごろと丸腸のぶつ切りがはいったメニュー。
ゆず胡椒やごま、一味唐辛子などの薬味を入れてスタミナ満点、午後の活力に。でもお腹一杯の午後イチの会議はとにかく眠い・・

ほんじん 銀座本店 
中央区銀座8-15-6
03-3545-1866
http://www.motsunabe.com/
*近くに何店舗かあります*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/29

サキガケ

御成門駅の近く、芝郵便局の日比谷通りはす向かいに、上島珈琲店というカフェがあります。
筆文字フォントで描かれた店名に、落ち着いた木の内装。ここの豆乳珈琲練乳入りはおいしい~♪銅製のマグカップは雰囲気あります。
椿屋のようなよく見かけるタイプの喫茶店かと思いきや、隣の入口をふと見ると「UCC」のロゴが。
あ。"Ueshima Coffee Co.,ltd "なのね!
一度も気にしてこなかったけど、由来が分かるとうれしいものです。よりコーヒーがおいしく感じられるのは気のせい・・?
UCCは、世界初の缶コーヒー製造会社。現在は年間100億本市場といいます。
急激に街で見かけるようになったこのカフェ。現在の店舗数は、ドトールが1位、スタバが2位、そして「珈琲館」を買収した上島珈琲が3位だそうです。
東京本部ビルにある御成門店は、社員の利用があるのだろうから気合が入っているかも~

上島珈琲店
http://www.ueshima-coffee-ten.jp/
麻布十番やコレド日本橋など店舗多数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

初ホルモン

銀座の焼肉やさん、「王十里」へ行ってきました!ホルモンが苦手な人でもここのなら食べられてしまうという噂のお店です。お店の検索をしたら、藤井フミヤさんお気に入りのお店、という情報が飛び交っていました☆ メントレレストランで紹介したらしいですね。
場所は三越の裏手、三原橋の交番の裏路地1階です。店内は予約で満席。1階のテーブル席と2階のお座敷席はどちらも活気に溢れています。
早速このお店の名物、ホルモン(大腸)とミノ(第一胃袋)を注文します。1テーブル1回のみ(何人前でも可)の注文と決められているそうです。新鮮で良い品だけれどお値段は1人前2000円以内に抑えられています。ミノもホルモンも大きい塊のまま運ばれてきて、それをお店の方がはさみで豪快に切りながら焼いてくれます。
網が熱くなりすぎないように、氷を載せながら焼きます。炭火ではないのにジューシーで、肉質は柔らかくて味付けも丁度良い、とっても美味しいミノでした。噛み切れる~
ホルモンは食わず嫌いだったのですが、嫌味でない脂だったと思います。人気メニューのポッサムキムチも、海鮮チヂミも、ユッケもとてもおいしくて満足満足でした。

平日でも予約必須。人気店ならではの2時間制となっています。

王十里 銀座 (オージュリ)
中央区銀座4-8-11 善隣ビル1・2F
03-3538-5866
第1・3日曜定休
http://r.gnavi.co.jp/g685300/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

汐留ビルとは名ばかりだけど

浜松町(大門)の駅から徒歩1分。
汐留シオサイトに対抗し、"ハマサイト"として売り出してゆきたいという猛烈アピールの元、新しいビルが先月出来ました。名前が「汐留ビルディング」。あれ、浜松町なのに・・・まぁいいか。
そこの飲食店街はまだまだ発展途上といったところで、住友系のビルに多いチェーン店が目立つ中、面白いお店を発見しました。
韓国料理の『ハンマリ家』。
「タッハンマリ鍋」と呼ばれる韓国風水炊きの専門店です。国内一号店。
タック(鶏)+ハンマリ(一羽・丸ごと)という意味で、煮込まれた丸ごと一羽の鶏をその場ではさみで分解してくれる豪快なスタイル。
Chicken
食べ方も面白い。醤油、お酢、からし、にんにく、タテギという唐辛子ダレを混ぜたたれにつけていただきます。唐辛子ダレは、豆板醤のような刺激的辛さではなく、大匙一杯くらい食べても大丈夫なコクピリ辛で美味しい。こだわりの調味料は、全て韓国本土のものだそう。
出来上がったシンプルな鶏をキムチや薬味などと共にタレにつけて食べ、最後は鶏スープで卵とじ雑炊に。
コラーゲンたっぷり♪一鍋を3人でお腹一杯です。残さず美味しくいただきましたー

ハンマリ家
港区海岸1-2-20 汐留ビルディング1階
03-6905-6500
http://www.hanmariya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)