2009/12/29

イルミネーション依存症

Hills
復活した表参道のイルミネーション。11年前はすでに大学生だったことを考えるとぞっとしますが、、並木のイルミネーションは変わらずキレイですねshine
人手もなかなかのものでした。昔と違って歩道橋が通行止めになっていた為、両側に立ち並ぶ電飾の灯りの様子は撮ることが出来ず。
Midtown
こちらはミッドタウン。一面の青い庭は圧巻。LEDで発色が良いです。
この時期は街がキラキラしていてそれだけでうきうきしますね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/29

ぶどうの思い出

Katsunuma
先週の日曜、「勝沼ぶどう郷マラソン」に参加してきました。
ハーフマラソン初挑戦で、起伏の激しい勝沼はかなり厳しかったですが、なんとか目標の完走を成し遂げ、満足感でいっぱいです。
そもそも、空気の良いところで走ったら気持ちが良いだろうなーという気持ちから応募したのですが、晩秋の景色を楽しむ余裕は無く、容赦の無い上り坂、膝に来る下り坂、とかなり過酷なものでした。沿道の方々の応援はあたたかく(上り坂に応援の方がいて、歩きづらい)なかなか励みになりました。参加賞はワイン。また、ぶどう食べ放題のテントがあったりして勝沼らしい趣向も面白いです。 
給水ポイントや距離表示があり、車道を堂々と走れるので、レースというのはなかなか良いなと思いました。次は新宿シティのハーフです。スポーツサングラスもランニングウォッチも買ったし、一体何になりたいんだろうというくらい、最近は健康志向夫婦となっています。
ブーツやコートも欲しいけど、ランニングシューズや専用靴下、ウインドブレーカーの方が気になってたりして。。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/02

ピンク色

ピンクリボン(乳がん早期発見啓発)キャンペーンで、10月1日は東京タワーがピンク色でした。芝公園までふらふら歩いて写真を撮ってきました。
Tower
昨年までとライトアップのデザインが違いますね。キラキラでラブリーshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

富士に挑む

海の日に、富士山に登ってきましたfuji
夜到着した須走口。夏休みが始まったばかりの3連休とあって、23時の時点で駐車場は満車。少し下った路肩へ駐車します。
全然眠れないしなんだか待ちきれなくなって、午前2時に登頂を開始。新五合目駐車場は標高2,000m。
真っ暗闇の中、ヘッドライトへ次々群がる蛾をかわして黙々と登ります。頭上には何座とか判別できないくらいびっしりと満点の星。
2時間を経過した頃、地平線のあたりがうっすらと明るくなり、ご来光の予感。
六合目の山荘を過ぎたあたりで、遂に・・!
Goraiko
オレンジと赤の色が鮮やかで、空色との境は見事なグラデーション。次第に照らされる山中湖、明るくなる山の端。ぐんぐんのぼる朝日は力強く、金赤の趣。頂上から見るご来光ではなかったけれど、間違いなく今までに見た日の出の中で一番綺麗でした。
さて、ゴールはまだまだ先。次は本六合目。既に5時半。一旦朝ごはん休憩を取ります。
七合目、本七合目と来て、見上げれば頂の白い鳥居が見えるところまで。色とりどりの登山ウェアがはっきりと見えるのに、まだ遠い。柔らかめの砂斜面が滑って登りづらい。
八合目から河口湖口の登山道と合流。急に人が増えます。時折吹く突風に苦しみながら登り、次は本八合目。なぜか次は8.5合目。そして九合目。九合目からは最後にこれか、と恨めしい急な斜面と段差。砂つぶてを含む強風に煽られ、踏ん張りながら、とにかく前へ。そして11:00ついにゴール3,720m!泣ける・・・shine
休憩所でしばし暖をとり、下山道へ。下はもう見えないほどの雲海。積乱雲が発達しているような気配なので急いで降ります。
下りは砂走り。柔らかい砂交じりの道をざーっと下っていきます。下りは簡単♪と思いきや、さすがに1500m以上降りるのは伊達じゃない。霧の中、下っても下ってもゴールが見えてこない。足の張りは限界。そして登りで使い果たした根性も出てこない。やっと着いた五合目売店から駐車場までの灌木の道が一番つらかった。。。
下界は雨。身も心も疲れ果てて、達成感が出てきたのは次の日だったのでした。
徹夜で往復14km、12時間の荒行、とにかく登れてよかった。日本一の山に登れた私は、もう結構何でも出来ちゃうかも。良い記念になりました。

今月24日には富士競争登山が開催されますね。あんな高地であの距離を走りぬくなんて、考えられません。。
*参考URL あっぱれ富士登山
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/
*持って行ってよかったもの
・スパッツ(砂よけ。思い切り降りることができる)
・マスク(下りの砂埃はすさまじい)
・サングラス(さえぎるものが無いので陽射しをもろに受ける)
・防寒具(とにかく寒い。日が昇ってからも長袖でした。)
あとは、小銭、お水など通常登山装備で。装備はとにかく軽く。スニーカーの人もいましたが、登山靴が良いですねー
私のように体力に自信がない普通のOLでも登れたし、小さな子供もたくさん登っていました。
日本人なら一度はのぼりたい山、富士山。でも一度だけでいいや。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/18

美しい字を書きたい

昨年結婚式の準備を進めているときに偶然知った女流書家さんのファンになりました。
永田紗戀(されん)さん。→HP「書女」ショジョ。
まだお若くて、知名度もそんなに高くないかもしれないけれど、本当に素敵な字を書く方です。一遍に好きになったので作品を購入したら、送られてきた荷物の宛名が彼女の直筆だったので感動しました。ただの住所と名前なのにまるでデザインされているよう。
Atena 「港区」。
購入した作品集には「女」という漢字で女性をあらわした作品が。同じ字でも、老女に見えたり、やさしくみえたり、妊婦だったり、すごいイマジネーション。永田さんの作品は詩とリズムと女らしさがあってとても好きです。
結婚式のウェルカムボードや、命名書を書いてもらえます。
↓サンプル。
Welcome 和でも洋でもいけますねheart01
永田さんは字も美しいけどとっても美人。
Sarensan ほらね。(WEBより)
最初は、テレビにもよく出演している國重友美さんの作品かと思ったのでした。國重さんは「英漢字」という分野を創り出した方ですね。アルファベットで漢字を構成し、それがぴったりバランスを取っていて素敵な作品です。たとえば「LOVE」というアルファベットで「愛」という漢字を書くのです。
Eikanji_2 これは「Flower」で「花」
素敵♪ そしてこの方もさすがに俳優さんとご結婚されただけあって美人~shine
外国の方にも受けそうな発想と完成された美しいデザイン。
こんなすごいことが出来なくても良いから、もう少しキレイな字が書けるようになりたい。せめて自分の名前くらいは・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/06/10

新緑の候

丹沢尾根の鍋割山(1,273m)に登ってきました。
小田急線渋沢駅からバスで15分の大倉から登り始めます。山道に入ってから1時間くらい延々とだらだらとした坂道。滝があったりして散策に丁度良いコース。
Nabewari
緑の匂いが濃厚な山の中は気持ちが良いです。川を渡ってからは本格的な山道。昨年初挑戦した塔之岳にくらべれば足場も良く、緩やかだったので登りやすかったです。それとも、ジョギングのおかげで体力ついたのかな・・
登山は脂肪の燃焼効果が高くダイエット向きだともいいますね。確かに疲労の具合からみても全身運動の効果は出てもらわないと、という感じです。疲れたけど楽しかったnote
Millet ダーリンが買ってくれたMILLET(仏)のザック。女性がしょっても違和感ない色味でお気に入り。
グッズを揃えたということはこれからもちゃんと登らないと。。今年は富士山行けるかな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/23

ランナーたちの溜まり場

最近、走っています。
まだ初心者ですが、平日夜に芝公園周りを走り、休日にダーリンとちょっと遠出ジョギングをしてぼちぼち走り慣れてきたところ。
ところが、会社の先輩に誘われたので、調子に乗って皇居ランデビューしてきました。
退社後にまず神田にある社会人ジョガー御用達という銭湯「稲荷湯」へ。週末の夜を健康的に過ごそうとする"攻め"のOLたちがわんさかいます。なんてストイック。着替えて荷物をロッカーに入れ、更にロッカーキーを番台に預けて手ぶらで皇居へ。
気象庁前あたりから走り始めます。ゆるゆると思い思いのペースで目の前の道に没頭。1周ゆっくりと30分以上かけて走りました。5kmの皇居外周は思っていたよりはあっという間でした。信号待ちもなくて走りやすいし緑がいっぱいで気持ちが良い♪
走り終えて銭湯へと戻り、汗と化粧を流してからすっぴんで山手線に乗車。なかなかスリリングな金夜でした。めざせ美ジョガー。

↓稲荷湯までの詳しい道順解説をしているページ
http://homepage2.nifty.com/kt42195/newpage64.htm

稲荷湯
千代田区内神田1-7-3
03-3294-0670
14:50~24:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/07

最盛期

桜満開の目黒川を散策cherryblossom
Megurogawa
池尻からスタートし、中目黒を抜け目黒までの約4kmのラブウォーク。
池尻大橋の駅付近の桜は、枝が低めで密集していてとても近い感じ。人も少なめで歩きやすい。
川面に垂れ下がる満開感があるのは中目黒駅手前付近。中目黒あたりは混雑も相当で、ところどころ歩行者渋滞が出来ています。出店も出ていて大賑わい。
BALS裏から目黒までの遊歩道にはまた桜のトンネルが。川幅が広いためこんもりした感じは少し薄いけれど、両岸の建物に圧迫されることがなく空の広がりがあって気持ち良いです。
走ったら30分くらいの距離だろうけど、2時間のお散歩で800本あるというソメイヨシノを堪能heart04見頃はおそらく今週いっぱいくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/28

日本の夜をデザイン

東京タワーが50周年ということで記念のライトアップがなされています。
1216_b (webより)
 ☆12月25日まで「ダイヤモンドヴェールスペシャルレインボー」
 七色です。発色がとてもきれいだった!
1216_a
 ☆1月も点灯・20:00~22:00「ダイヤモンドヴェール」
 プラチナドットが夜空に映えます。
ほんとに宝石みたいにキラキラしています。間近で見ると、一斉に白く発光し続けているわけではなく、ピンクや緑などにたまに変色しているのが分かります。まるで星が瞬いているかのようです。いつものあったかい暖色のタワーもすごくすきだけど、これは息を呑むほどキレイ。
10分間しか点灯しない7色のライトアップの時には、歩行者も運転者もみんな釘付けで、一斉に皆カメラマンに。気持ちはわかるけど運転中はやめてね・・ 
私も、『ALWAYS三丁目の夕日』の舞台である"港区芝3丁目"桜田通りのあたりから撮ってみたのですが、デジカメでも光量がダウンして美しさが伝わらない・・残念、目に焼き付けておこう~

このライトアップデザインは普段の赤いライティングも手がけている照明デザイナーの石井幹子氏によるものだそう。
この石井さんという方、レインボーブリッジや明石海峡大橋、横浜ベイブリッジなどの日本を代表する橋から、六本木ヒルズ森タワー、東京タワーなどのランドマーク、そして東京駅ライトアップまでもデザインしたのだといいます。東京の夜は彼女の想像力で出来ている、という感じですね。すごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

線香が目にしみる

12月14日は赤穂義士討ち入りの日。浅野内匠頭と四十七士が祀られている泉岳寺で行われる「義士祭」に行って来ました。
Sengakuji2
300年前に起こった赤穂事件の顛末は、『忠臣蔵』として歌舞伎や小説や大河ドラマによって後世に語り継がれてきました。感銘を受けたファンは多く、毎年この日には多数の参拝客が訪れます。今年も、朝から冷たい雨にもかかわらず大行列が出来たそう。
私達が行ったのは雨のあがったあとの夜20時頃だったので、並ぶこともなくゆっくりと回ることが出来ました♪煙のもくもく感は若干少なめ。お線香の束を握り締め、煙に燻されながらひとつひとつ手向けて回ります。大石内蔵助や息子の主税、堀部安兵衛、間十次郎しか知らないけれど、ちゃんと神妙に手を合わせてきました。
一駅分だしと、完全防寒して家から揚々と歩いていったのですが、さすがに寒かった。。でも冷えも暗さもまた往時を偲ばせる気がして、身が引き締まる思いだったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧