2009/10/06

牛とまぐろでフルコース

十番に7月に出来たばかりの和食店「尾崎幸隆」に行ってきました。
宮崎のブランド牛"尾崎牛"の尾崎宗春氏と、築地のまぐろ問屋"やま幸"の山口幸隆氏、お二人の名をとって冠したお店。暗闇坂の脇道を入ってすぐ、和食「かどわき」の近くにあります。お席は10席ほどのカウンターと個室が幾つか。真新しい白木のカウンターや、御影石らしき厨房の壁など、狭いながらも清潔で気持ちの良い店内。
restaurantお料理はコースで(10000円くらい)。
最初にキレイに盛られた前菜が幾つか出てきます。柿の白和えなど、どれも丁寧に造られた秋の味。お品書きの小さな紙を見ながら楽しくいただきます。次に、小さなご飯茶碗にユッケ状のマグロが盛られた鉄火丼が続きます。そして松茸の土瓶蒸し。その後はお造り。続いてマグロの握り。丁度良い大きさと丁度良い酢の具合。終盤にさしかかり、かなりお腹も膨れてきています。。
そして出されたメインの尾崎牛の炭焼き。串刺しにして炭火で焚かれたお肉がサイコロ型で供されます。それにあわせてご飯が二種。尾崎牛の肉じゃがや明太子など、ご飯が進みます。釜で炊かれたほくほくの白米はもちもちしていて美味しいです。
二種目であり二膳目のご飯は、黒トリュフスライス入りの卵かけご飯。トリュフの香りが卵によく合うんですね。自宅で真似は出来ないけど、覚えておきたくなる技。
丁寧で気配りがなされたコースにおなか一杯で満足満足。今はまだ隠れ家的なお店です。また季節が変わった頃のお料理の内容が楽しみなのは、和食の良いところですね~heart02

尾崎幸隆
港区麻布十番2-6-4
03-5413-4129 水曜休
http://blog.livedoor.jp/ozakibeef/archives/51309983.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

早起きは三文の得。

ホテルオークラのオーキッドルームで食べられる、フレンチトースト
これが食べたかった~!3年ぶりで感動shine
Okura
パンがしっかりしているから、アパレイユに一晩漬け込んでいるというのに繊維が壊れずべちゃっとならない。そしてオーブンで焼き上げているから周りがかりっとしていて中まで火が程よく入ります。予約必須メニュー 2,310円也。微妙に値上がりしていますが・・・
プロの芸術作で朝から幸せ~

欧風料理 オーキッドルーム
港区虎ノ門2-10-4ホテルオークラ東京本館5F(LB階)
03-3505-6069
フレンチトースト提供時間 7:00~10:00、14:30~17:00 
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/restaurant/orchidrm/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/30

ブタミンパワー

昔CMで聞いた覚えのあるフレーズの通り、豚肉にはビタミンが豊富に含まれています。中でもビタミンB1は牛肉の10倍含有といいます。ビタミンB1は、摂取してしまった糖分をエネルギーに変えるという素敵な働きをするのです☆ 
さて、ダーリンと行った西麻布のしゃぶしゃぶ料理「ひで」。美味しい豚肉を頂くことが出来ます。
西麻布交差点を少し渋谷方向へ戻った六本木通り沿いのビルの最上階。奥のお座敷と手前のカウンター席が使い勝手の良さそうなお店です。
おまかせにしました。本格的に先附からお刺身、鶏刺身、焼き物、小鉢、といった和食のコースとなっています。季節感溢れる食材はどれも新鮮。今年初めての茗荷がお刺身にぴったりでした。揚げ物の鱧の天ぷらあたりで既にお腹が一杯になっていましたが、このあとがメインのしゃぶしゃぶ鍋。
お肉は目の前でスライサーに通され、超薄切り肉となって出てきます。岩手の白金豚、沖縄のやんばる島豚の二種類。少し色が変わるくらい湯にくぐらせて、いただきます。柚子胡椒がよく合う♪お肉は薄いのにもちもちでとっても美味しかったです。最後にお出汁の出たスープで、雑炊またはラーメンを作ってくれます。これで5,250円~のコース。単品お料理メニューもたくさんありました。
夏場のしゃぶしゃぶ、さっぱりしていて良いかんじです。夏バテ防止にも♪

西麻布 ひで
港区西麻布2-25-24
03-5467-6943
http://www.hidezo.co.jp/hide/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

ジャンル不問

ハワイアン和食料理店という「HALE海's」に行ってきました。西麻布交差点から5分。近所の人&わざわざ出掛けてくる人がお客さんということですね。日曜だというのに、ほぼ満席。カウンター席とテーブル席が5~6席しかないお店は熱気に溢れています。
テーブルの上には無国籍としか表現できない料理たちが並び、もりもり食べながらワインを流し込む人の姿が見られます。
とにかく料理が美味しい。新鮮なお刺身料理、手の込んだサラダ、お魚・お肉の炭火焼料理、パスタにご飯物など、失敗なしです。
どれをオーダーしても間違いなく美味しい料理が運ばれてくる安心感。大勢で来店して色々な種類のお料理を少しずつたくさん食べるのが良いみたい!
「アジアンポークとアスパラガスの串焼きスパイシー味噌バターソース」という、金賞受賞作品(何の賞かは記載ない。。)がとっても美味しかった!
Halekai
味付けが繊細で深く、ジューシーなお肉に甘辛味噌が合うー。
そして、うにとホタテといくらのクリームパスタが絶品でした。とろとろクリームに程よいしょっぱさ、和のエッセンスが少しジャンクな味を醸し出し、このパスタを食べる為だけに再訪したいくらい。
ワインも3000円~とリーズナブルで、カリフォルニア、オーストラリア産などが30種類程度そろっていました。

HALEは「家」のハワイ語だそうです。気取らない雰囲気が居心地良く料理が美味しい素敵なお店。
それにしても、ハワイ料理を出しているわけでもないので店名とBGM以外ハワイを全く感じられませんでした。なんでハワイをpushしているんだろう・・・

HALE海's 〔ハレカイズ〕
港区西麻布2-16-4
03-3400-8012
月曜休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/02

赤坂OLの太鼓判

赤坂駅から徒歩2~3分。飲食店に困らない赤坂の中でも群を抜いているというフレンチビストロ、『COMME A LA MAISON』。
六本木の裏路地みたいな飲食店雑居ビルの一階、すごく賑わっている小さな小さなお店です。
コムアラメゾン~家にいるような という意味ですね。
フランス家庭料理といっても、MENUはこじゃれたフレンチレストランでも出そうなものばかりだし、アルマニャックの品揃えが豊富だったりしてすごくレベルが高い。

丁寧に作られたテリーヌ、見たことも無いようなパプリカを使った料理「ピキオ」、鴨の心臓串焼きなどなど、どれも抜群に美味しい。付け合せのピクルスも酸味が強くて本格的。
中でも感動的だったのは、
Poteto_3ジャガイモのクリームグラタン
何をどうしたらこんな濃厚な味になるんだろう。。フォンドボー(かな?)やガーリックが効いていてとっても美味しかったです。
会計をお願いしたら出してくださった「カヌレ」の美味しさが際立っていました。風味豊かで程よくやわらかくてみずみずしい。美味しいカヌレを食べたのは初めてかもしれないなー
料理は大体1品1000~2000円台。グラスワインは800円。二人で1万円で収まらないくらいだけど、でもでも満足できちゃいます。
シェフと、ホール全般とディッシュアップを兼任するスタッフが2人で切り盛り。もぅ手一杯といった様子なのに、電話がかなり鳴っており大変そうでした。。
到底真似の出来ない味に出会えます。これぞ外食の醍醐味。

COMME A LA MAISON 〔コムアラメゾン〕
港区赤坂6-4-15 シティマンション赤坂1F
03-3505-3345
日休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/25

値段は気にしない

日曜日、中華三昧してきました。六本木泉ガーデンの3Fにある『季菜CHINA』です。先日のぐるナイで放送されていたごちレース舞台のお店。ちょっとミーハー。
青山をはじめとして多彩に展開中の、おされ創作和食『季菜』のチェーンだけあって、女性受けするお店作りに凝っています。
Kina
落ち着いた深紅を基調とした華やかな店内。豪奢なシャンデリアが下がり、パーテーション代わりの玉すだれもキラキラのビーズ仕様。席は壁沿いにソファーシートがずらっと並び、半個室のようになっています。
さて、今日のお目当ては土日祝日限定ヴァイキング。一部を除き、メニューから食べ放題で一人5,000円(税サ別)の大盤振る舞いなのです。ごちレースとは真逆ですね。。
ふかひれの姿煮やホタテ塩炒め、北京ダックなどは一人一品までオーダー可となっていて、他は何でも頼み放題。注文を受けてから調理する形式なので、出来立てがいただけます。
これは、以前赤坂の中華『星ヶ岡』で経験した豪華オーダーヴァイキングと同じスタイルです。(→2007年7月) 贅沢度は違えど半値でお得。
黒酢酢豚や芝海老チリソース、麻婆豆腐に点心など、日本人向けなのか、四川広東なんでもありのMENUで美味しくてなかなか満足でした。
ダーリンのもっともな提言。中華のスイーツは本当につまらない。ジェラートやソルベがあったらいいのにな~

六本木 季菜 CHINA
港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー3F
03-5114-0780
www.remax-rise.co.jp/roppongi_kinachina

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/26

栄養補給

麻布十番、一の橋近くにある焼鳥ダイニング「がいがい、」に久しぶりに行ってきました♪JOMOの交差点をファミリーマート裏に一本入ったところにあり、石造りの壁に小さく灯る店名が唯一の目印。駅のそばなのに充分隠れ家感があります。カウンター席が焼き物系の醍醐味ですが、こぢんまりした二名用個室も幾つかあります。店内の照明は限界まで落とされ、怪しげ。
でも、供される料理は暗いところで見るのが勿体無いくらいのフォトジェニックで、暗すぎて写真が撮れないことが心残りなのです。
もちろん見た目だけでなく、抜群に美味しい料理たち。
レバーやささみやルイベのお刺身は新鮮で臭みがまったくなく、体に吸収されている感があります。
そして、メインの串は一串¥200~450程度。
もも串は比内地鶏、薩摩若しゃも、名古屋コーチンの三種から選べます。じゅわっとジューシーでヘルシー。食べ比べも楽しい♪
今回一番の感動は、レバー串。レバーは火を通すと苦味や臭みが出て硬くなるというイメージがあったのですが、レアな焼き加減が絶妙。中はとろっとしていて、火を入れたことで甘味が増しているように感じました。おいしかった~
他にも、多様な創作鶏料理があります。今の季節は水炊き鍋もやっているみたい。芸能人も訪れる隠れ家であるにもかかわらず、ちょっと良い居酒屋さんくらいの良心価格なので、予約の取りづらさも納得。
*十四代や黒龍のレアものにめぐり合えることもしばしば。(でもこちらは良いお値段。。)

がいがい、
港区麻布十番1-3-1アポリアビル1F
03-3586-3335
無休!
http://www.gaigai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/12

景色もごちそう

愛宕にあるグリーンヒルズ。その最上階にバブルを感じるお店、XEXがあります。
炙り焼&寿司、イタリアン、バーと選べる趣向も楽しい。
イタリアンは「Salvatore Cuomo」です。ここは数ある店舗の中でも比較的すいているのに一段と気合が入っている印象を受けます。
軽い食事希望だったので「The BAR」でデートしてきました♪
お料理は、ナポリPIZZA。間違いの無いお味です。
目新しいmenuとして、ロールピザ「XEX Original Pizza "ROTOLO"」というものがあったのですが、食べやすくてしっかりしたお味で美味しかったです♪
Atago_2 (webより)
見晴らしが良いというのもプラス要素なのでしょう。何しろ、東京タワーから、遠く羽田を臨むレインボーブリッジ、晴海、汐留の夜景を二人占めできてしまう全面ガラス張り。その窓側に並べられたソファ。
デートに最適ですね~

XEX ATAGO GREEN HILLS
The BAR
港区愛宕2-5-1 MORIタワー42F
03-5777-0065
http://www.ystable.co.jp/restaurant/xexatago/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/25

二胡のしらべ

麻布十番の富麗華でランチデートしてみました♪
真昼間から高尚な雰囲気を盛り上げる二胡の生演奏。
ランチは色々ついた1700円~のコースと、単品があります。
坦々麺をオーダーしました。
上品で日本人好みの坦々麺。
まろやかでちょっぴり辛くて、中太麺が程よくて、白ゴマの風味もしっかりして、とっても美味しい♪ひき肉もたっぷりです。
普段のOLランチにしてはお高いですが、ちょっとしたお出かけランチにはやっぱり良いかんじです。

今は丁度上海ガニのベストシーズンですね。
以前、本場上海の老舗「王宝和」で蟹三昧をしましたが、ぎゅっとしまった蟹肉に、濃厚な卵が美味しかったことを覚えています。そして、上海は物価が高めとはいうものの、大物政治家クラス(小泉元首相とか)が訪れるお店にしては安かったです。
富麗華の上海蟹コースは13,000円からか~。。う~むタカイ

富麗華
港区東麻布3-7-5
03-5561-7788
http://www.chuugokuhanten.com/storefureika

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/28

エクスカーション

おひょいさんこと藤村俊二さんが経営されているワインバー、『O'hyoi's』へ行ってきました。
ベルコモ交差点を折れて、青山墓地を左手に3分ほど下っていったビルの地下にあります。
TVで、イギリスからパブをまるまる移築してきた、というお話を聞いたことがあったので内装にわくわくしていました。
期待通り、扉から重厚な雰囲気。飴色に変化したテーブルやカウンター、柱に至るまで年代を感じさせる調度に囲まれ、輝度を落としたアンティーク照明の中で落ち着く空間が造りだされています。
ワインリストは、客層を反映している為か素敵にバブリーで、今日何を飲むか決めるリストというよりも、「一度飲んでみたいと思っているワインのリスト」という感じ。
Margaux 80,000円とか。。平均4~5万円といったところでしょうか。
ちょっとお手ごろなボルドーにしました。RIEDELのボルドーグラスでいただけば、なかなかのものです。
食事は、ビストロ風のおつまみや、旬のお魚を使ったサラダやカルパチョ、手の込んだお肉料理など、どれも美味しかったです。
特に、鴨肉グリルは柔らかく、マルサラソースが丁度良くて、抜群の出来でした。

毎日いらっしゃるわけではないおひょいさんは、21時頃ひょっこり現れて、お客さんに挨拶をし、カウンターで葉巻を一服のあと、帰って行かれました。
とっても上品でかわいらしい紳士!

そんなオーナーのお人柄のおかげか、個性的でかっこいい店長さん(千葉真一似)のサービスのおかげか、ゆったりと楽しい気持ちでお酒も進んでしまいます。
イギリスの雰囲気(行ったこと無いけど)充満の素敵なお店でした。

O'hyoi's (オヒョイ'ズ)
港区南青山4-1-15 アルテカベルデプラザB1F
03-5411-0316 
http://www.ohyoi.co.jp/ohyois/index.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧