« 裏原宿の高級イタリアン | トップページ | シャンパンとバスローブ。 »

2006/10/25

やさしいイタリアン

代官山「CANOVIANO」に行ってまいりました。
素材の味を生かすと評判の植竹シェフのお店です。
私の大好きなカーザヴィニタリアと同じくらい人気も評価も高いので、是非にと思い、いきごんでいってきました。

代官山の改札を出てすぐ左手、坂を下りていくと十字路の左にライトアップされた白い建物が。貴族っぽい階段を下りていくとほの暗い大人の空間が広がります。
見栄えの良いお料理が勿体無いと思えてしまうほどの照明の輝度は、カップル向きですね。店内には、ご家族連れ、若いカップル、中年の上品なご夫婦、と様々な客層が。ターゲットが広いようです。

コースメニューは2通り。
6,500円で前菜、パスタ、肉or魚料理、ドルチェ、カフェ
8,000円で前菜2品、パスタ、肉料理、魚料理、ドルチェ、カフェ
プリフィクススタイルではなく、フィックスでした。
今回はあまり食べたいMENUが見当たらなかったので、アラカルトにしました。
まずは、植竹シェフのスペシャリテである、「しまえびとからすみの冷製カッペリーニ」。味付けの薄めなきれいな桜色のパスタに、スライスされたからすみの塩気がとてもよく合います。目と舌で楽しめるお料理。
「本日の魚介のカルパッチョ 季節野菜添え」本日はイサキです。上品なオリーブオイル、塩、レモンの味付け。お野菜との相性も◎。
次に、「天然魚介の温製サラダ仕立て」。上質なホタテを軽く炙り、京野菜と共に。
プリミは「本日のパスタ 自家製タリアテッレ」。いいカキが三陸から入ったそうで、そのカキと京菜を塩味パスタで。こちら、見た目もお味もすごく和風。麺は稲庭うどん風で、お味もどことなく和。しゃぶしゃぶのあとにいただくうどんのような不思議なお料理でした。
セコンドはお肉で「シャラン産鴨 胸肉のロースト バルサミコのソース」。この鴨がとっても柔らかくておいしかったです。バルサミコの酸味によって、しつこさもなく、メインのお料理をいつも残しがちな私でも平らげてしまいました。
体に優しく、脂っこくない、お野菜いっぱいの美しくなれるイタリアン。

CANOVIANO カノビアーノ
渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パークスビルB1
TEL 03-5456-5681
http://www.canoviano.net/

|

« 裏原宿の高級イタリアン | トップページ | シャンパンとバスローブ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197870/13064609

この記事へのトラックバック一覧です: やさしいイタリアン:

» ドルチェ [季節特集]
また寄らせてもらいます。 [続きを読む]

受信: 2006/10/26 09:06

» 鍋料理 しゃぶしゃぶの由来 [簡単料理レシピ【お菓子作りからお弁当のおかずまで】]
しゃぶしゃぶが現在の形式に落ち着いたのは、京都のお茶漬・水炊きの店の主人が中国で生活していた人から.... [続きを読む]

受信: 2006/11/02 09:48

« 裏原宿の高級イタリアン | トップページ | シャンパンとバスローブ。 »